2009年02月23日

社会保険庁 社会保険制度

まず社会保険庁の位置づけについてお話したいと思います。社会保険庁は厚生労働省と呼ばれるところの外局として置かれているのです。そして、気になる役割は、皆さんご存知の問題になった社会保険制度を担当しているのです。全国の組織で構成されているのです。さらに具体的な話をすると。社会保険庁の社会保険事務所は全国に265ヶ所あるのです。そこには17万人の職員が働いているのです。社会保険制度とは怪我をしたり、病気になったりして、その家族に保険給付金を支給する制度のことです。皆さんも汚したときに保険が降りた経験があることでしょう。


社会保険庁の役割は社会保険制度を担当することが主な仕事ですが、その具体的な話を紹介します。社会保険庁は厚生年金保険や国民年金といった年金保険料関係の仕事、さらには政府管掌健康保険を担当しているのです。年金の仕事と一言で言っても非常に幅の広い仕事内容を社会保険庁が担当しているのです。少し前には新聞紙上を賑わしていた社会保険庁ですが、社会保険制度を中心に、非常に多くの仕事量をこなしていることも事実なのです。今の社会保険庁のこれらの保険業務は昔とは違い、主にパソコンで行われて、管理もパソコンで行っているのです。


社会保険制度のことですが、社会保険庁の職員は膨大なデーターがある社会保険業務をパソコン上で手打ちで行っているのです。まあ、者k氏保険庁の職員という人間が行っているので入力ミスは考えられますが、そこは二重三重のチェックが必要になって、正確なデーター入力がされているはずなのです。社会保険制度は大きく分けると医療保険と年金保険に分けられ、さらに医療保険は国民健康保険と健康保険とに分けられているのです。健康保険の中の政府管掌健康保険や船員保険だけが社会保険庁の担当で、そのほかは主に市町村が担当しているのです。


あなたは今、社会保険庁のシステムがオンラインシステムになっていることをご存知でしょうか。書類で統括していたのでは国民全体が対象なので、資料の数が膨大になってしまいます。社会保険制度を1つ取ったとしてもその業務を書類上で行っていたのでは効率が悪くなってしまいます。そこで年金データーや保険データーを東京にある大きなパソコンの中に入れて全国の社会保険庁事務所のパソコンから東京のパソコンにアクセスしてデーターをつり出す仕組みをとっているのです。このおかげで社会保険制度の運営は迅速に、かつ効率よく行えるようになったのです。

posted by まったり at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会保険制度